27/03/2021 - 04/04/2021

@wbsc   #U18SoftballWC  

Hosted by:   PER

U-18 Women's Softball World Cup 2021 - Official Payoff

ペルーで開催予定だったWBSC U-18女子ソフトボールワールドカップが2021年に延期

ペルーで開催予定だったWBSC U-18女子ソフトボールワールドカップが2021年に延期
16/07/2020
U-18女子ソフトボールワールドカップ(旧U-19女子ソフトボール世界選手権大会に代わるもの)の第一回は、8月23日から30日までペルーのリマで開催される予定だったが、COVID-19のパンデミックが引き続き蔓延しているため、4月(詳細日程未定)に延期された。

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は、ペルーソフトボール連盟およびペルースポーツ協会(Instituto Peruano del Deporte、IPD)とともに、本日、新型コロナウイルスのパンデミックに関する世界的な健康と安全対策と渡航制限を考慮し、今年のWBSC U-18女子ソフトボールワールドカップを2021年に延期することを発表した。

この決定は、WBSCソフトボールのトミー・ベラスケス会長、IPDのグスタボ・サンマルティン会長、ペルーのソフトボール連盟の会長兼CEOのヴァネッサ・エンドー女史とマリサ・マツダ女史との会談後に行われた。

私たちはペルーのソフトボール協会、パートナー、スポンサーからのこの決定への支援に感謝しています。すべての参加者の健康、安全、幸福は私たちの最優先事項です。」

「ペルーは揺るがぬ信念を持って大会実現に取り組んでおります。私たちは連盟を支援して下さるWBSCとIPDからのサポートに感謝しています。アスリートの健康は常に私たちにとって最も重要ですが、出来るだけ早く日程を決めて、一日も早いプレイボール!を願っています。」とFDNPSのヴァネッサ遠藤社長は述べた。

1981年第一回から継続されてきたU-19女子ソフトボール選手権大会に代わるものとして創設された新しい年齢区分、U-18女子ソフトボールワールドカップは、新たなブランドアイデンティティ、およびトーナメントフォーマットが特徴。 8月23〜30日、ペルーのリマで開催されル予定だったが、COVID-19のパンデミックが引き続き蔓延しているため、未定の日程ではあるが4月に延期された。

この女子ソフトボールワールドカップは、リマ2019パンアメリカンゲームソフトボール競技大会の会場であるVilla Maria del Triunfo Complexで行われる予定だった。 この年齢カテゴリーで優勝を争う資格のある16チームは、次の通り。

この女子ソフトボールワールドカップは、リマ2019パンアメリカンゲームソフトボール競技大会の会場であるVilla Maria del Triunfo Complexで行われる予定だった。 この年齢カテゴリーで優勝を争う資格のある16チームは、次の通り。

  • アフリカ大陸 (1枠): No. 26 南アフリカ
  • アメリカ大陸 (5枠): No. 1 アメリカ、 No. 3 カナダ, No. 4 プエルトリコ, No. 5 メキシコ and No. 19 ペルー (開催地)
  • アジア大陸 (3枠): No. 2 日本, No. 6 チャイニーズタイペイ and No. 7 中国
  • ヨーロッパ (3枠): No. 9 オランダ, No. 10 イタリア and No. 12 チェコ共和国
  • オセアニア (2枠): No. 8 オーストラリア と No. 16 ニュージーランド
  • ワイルドカード (2枠): No. 11 フィリピン, No. 48 コロンビア

大会の延期により、WBSCは、2020年に参加する資格があったすべてのプレーヤーが2021競技大会で自国を代表できるように、今回に限り例外的に出場資格年齢を引き上げることにした。この決定ではまた2021年に14歳に達する選手も代表名簿に含まれることも可能である。したがって、2007年、2006年、2005年、2004年、2003年、2002年に生まれたプレーヤーは、2021年のU-18女子ソフトボールワールドカップに参加する資格がある。

.WBSCとLOCは、コロナウイルスと世界中の渡航制限に関する最新の動向を引き続き監視し、延期された大会の新しい日程を今後決定する予定だ。

WBSCはまた、2020年の 10月30日〜11月8日、11月12日〜21日に予定されているWBSC大会カレンダーの残りの2つのトーナメント(U-15野球ワールドカップとメキシコの女子野球カップ)の実行に関しても、COVID-19の世界的な状況を引き続きモニタリングしている。